2018.12.06 Thursday

*恵み*

0

         12月に入り、お休みが週3日ペースでとれそうです。

        仕事先の方には遠慮をして仕事を減らしたと思われたようですが、確定申告、車の免許取得、

        庭の手入れ、家屋のリノベーション等、予定がいっぱいでお客様の減るこの時期にお休みが

        確保出来て嬉しい気持ちでいます。

        こちらに来てからも忙しい毎日ではありますが、空気が綺麗で環境が良い事はもとより

        家にいる時間と睡眠時間が圧倒的に増えたので健やかな生活を送っています。

     

        裏山に御先祖様のお墓があるので、掃除とお参りをしに週2、3回行くのですが、

        先日ひときわ目を引くものがあり、よく見るとベリーでした。

        小さい頃、祖母と山へ行った時に見つけたベリーと形は似ていますが色が違います。

        実家で見たベリーは赤黒かった記憶があります。それにこの季節に??

        ひとまず家に戻り、ネットで調べてみると冬苺という名のようです。

        

     

     

     

        実家で食べたのはブラックベリーだったのでとても甘く美味しかった記憶がありますが、

        こちらは酸味が強めでした。

        量が少ないので出来ませんでしたが、ジャムにすると美味しいと思います。

        

        こちらの地域では一月前から渋柿が出回り、皆さんが吊るし柿や晒し柿を作ります。

        お隣に頂いた晒し柿と冬苺をデザートにしたのは半月前程でしょうか。

     

     

        1週間前から私もご近所さん達を真似て吊るし柿をしてみたものの雨続きです。。。。

        明日は晴れるようなのでこのままにしておきますが、次の雨予報の際は一旦家にしまう

        しかありません。 

        この2、3年は気候がおかしく干し柿を市場に出している農家さんも苦労しているようです。

     

        この土地にいると自然界との繋がりをより大きく感じます。

        そして集落も小さいのでお互いを気にかけ家族的で優しさにあふれています。

        

        

    2018.11.17 Saturday

    *発掘作業*

    0

           1日から始めた仕事は紅葉シーズンに入り人手不足のため、このところは週6日ペースで働いています。

           そのため庭の手入れや家の修繕はなかなか進まずにいますが、全く止まっているわけでもないので

           いつか形になるでしょう。。。

       

       

       

       

           1日に3バケツ分ずつ石を除いていこうと決めて作業をしています。

       

       

           土を少し掘り返すと瓦が出て来ました。

       

       

       

       

           鎌やガラス片も。。。

           察するに以前は庭に二棟家があったそうなので、取り壊した際のなごりでしょうか?

       

           一人で作業をしていると色々なことを考えたり、俯瞰してみたり、

           動的瞑想にもなり、道のりは長そうですが苦にはならず自然と有り難い気持ちになります。

           主人と結婚し御先祖様が生きて来た土地に縁が出来た事、もっと遡れば人も入り込む前の景色や空気を

           此処では都心に比べ容易に感じることが出来ます。

       

       

       

           以前刈り取った草はあっという間に土にかえる準備をしている一方、新しい草が芽吹いています。

           朝露に光る光景は美しいです。

       

       

           

       

                      

      2018.11.04 Sunday

      *写真*

      0

           ようやく、カメラレンズが来たので試し撮りをしてみました。

          

         

         

           

            先日から少しずつ草を刈りまた草が伸びてきているところです。

            一度大きく根を張った草を刈った後なので、小さな可愛らしい草がかおを出してきて好みの感じです。

            これから寒さがますので、この辺りの草刈りはこのくらいにして、植えたい種や苗がある時はその部分の石や

            草をその都度よけながら植えていこうと思います。

            先に完全に草をよけてしまうと土が乾燥してしまい土の状態も良くなくなってしまうので、

            少しづつ今いる植物や生物と折り合いをつけていこうと思います。

         

            それは人間界も一緒で。。。

            結局、歩いて2分位の道の駅に11/1から働き始めたのですが、

            まだまだこちらのルールや言葉に慣れずに過ごしています。

            焦らず少しづつ馴染んでいければと思います。

         

         

            刈り取った草も沢山あるので、今度のお休みに堆肥づくりをしようかと考えています。

            ま、慌てず慌てず。。。

            

         

         

         

            庭の県道に面した場所には笹もかなり生えているので、こちらも少しづつ刈っていきたいのですが

            中々根が深く時間がかかりそうです。

         

            笹は草の部分を刈り竹の部分だけにし、少し辺りを掘って太陽と寒さに晒しておくと

            ポキッと折れて根も掘り起こしやすくなるというのが、のんびり作業していると感覚で

            わかってきます。

            その夜、たまたま見つけたネットの記事に竹を枯らす方法というのがありました。

            それによると、冬に地上1M付近を切ると、地下茎に蓄えた養分を消費して枯れるとありました。

            笹の場合は葉を刈る事で光合成できず、更に季節柄、乾燥により枯れるかなと感じたのですが

            説得力のある記事に出会え面白さが増しました。

         

            とはいえ、理論上は面白いとしても生物の命を絶つことに抵抗を感じないわけではないので、

            これまでこの土地を守ってくれた植物への感謝の気持ちと、これから自分がどうしたいかという意図を

            伝えながら庭で過ごしています。

         

         

         

            先程までの写真は家から見て右手の庭ですが左手は蕗が沢山なっている半日陰です。

            こちらは春に食べる分を考えて少し残すつもりなので、

            今のところ手をつけずに放置しています。

            

            さあ、今日は11時〜仕事なのでこの辺で終わりにしておきます。

         

            ではまた近いうちに***

            

        2018.10.28 Sunday

        *庭*

        0

                書きたいことは沢山あるので、今日は庭のことを書こうと思います。

           

               此処は主人の父方のご先祖様が代々住んで来た土地で、ちいさな畑も所々に所有しています。

               ただ、長年使っておらず、だいぶ遡れば皆親戚ということもあり、誰かしら使っているようです。

               私達も放置されているより使ってもらっていることを嬉しく思っています。

               高知に越す前に高齢化によりその畑を返したいという話しも伝え聞いています。

               ですから、こちらから声をかければそこで畑も出来る状況ではあるのですが、

               まずは庭を綺麗にして心地よい空間を作りたい気持ちの方が強いので、

               毎日少しずつ草を刈ったり、庭に置く石を仁淀川にとりに行っています。

           

               仁淀川は我が家の目の前を通る県道を渡り、畑を越えるとすぐにあります。

           

               ここの河原には緑や赤の石があることで知られていますが、私が求めているのは

               乳白色の石やまん丸の石です。

               このところは庭の植栽やデザインを日々考えています。

               河原には沢山の素材があるので悩ましいですが、統一感と方向性をはっきりしようと

               自分に言い聞かせブレないよう注意を払っています。

           

               蒲田でお店をしていたころは周りの意見に左右され過ぎてしまい、統一感という部分で

               だいぶブレが生じてしまいました。

               ひとえに自信のなさがそうさせてしまったのですが、お店を持つ事により短期間で多くのことを

               学べたので後悔は一切なく今へ繋がる大切な時間だったと思います。

           

               こちらでの日々は睡蓮と白雪は昼間は大体眠っているので、一人の時間が多いです。

               時折お隣から果物や野菜を頂いたり、草刈りの最中にご近所さんが『綺麗にしちょるねー。』とか、

               『無理せんとね。』と皆さん気遣ってくださいます。

           

               東京にいたときも沢山の方の優しさに触れてきましたが、

               忙しい日々に追われるばっかりに一つ一つを見落としていたように思います。

               都会の慌ただしさの中でも人の優しさに向き合える人もいますし、都会の利点も沢山あるのですが、

               私自身は今此処でようやく一つ一つにちゃんと向き合えることができたので、

               このタイミングで越してきて、ゆっくりと時間をかけて物事を進めて行けることに

               喜びを感じています。

           

           

               *今現在はブログは文章メイン、SNSは写真メインになっています。

                カメラの標準レンズを入手できたら写真もアップしたいと思います。

               

               

           

           

          2018.10.24 Wednesday

          *回復*

          0

                  ようやく引っ越しの疲れも抜け、新たなことを始めようという意欲が湧き始めました。

                 家の中の片付けもだいぶ進んだのと前日雨が降ったこともあり、今日は庭の草を刈ることに

                 しました。

                 8:30頃から30分やっただけで、陽射しがすでに強く汗が出始めたのでとりあえず洗濯と

                 家の片付けに切り替えることにしました。

                 草を刈った後は砂利の移動をして、ハーブや野菜を育てる予定なのでまだまだ道のりも長いので、

                 無理せず少しづつやっていこうと思います。

                 とわいえ、雨上がりでせっかく土が湿っているので、日が和らいだら再度草刈りをしたいと思います。

                 

                 千葉や神奈川の畑に通っていた頃は、通うだけで時間もかかりましたし、

                 決められた時間の中で凝縮して作業をしなければならなかったのですが、

                 庭のお手入れは休み休み気が向いた時に出来るのがとても魅力です。

                 私の理想は仕事も遊びも生活とともに、自然とともにあることなので現実化しつつある今を

                 とても嬉しく思っています。

             

                 話しは少し変わりますが、

                 高知へ来て驚いたことがあります。

                 昨日の夜、浴槽に大げじが!!(初めて見ましたがかっこよくも怖い見た目でした。)

                 今日の草刈りでは小蛇と見間違えるほどのミミズが!!

             

                 宮城の田舎で育った私は虫も苦手ではないのですが、2回悲鳴をあげました。

                 やはり南の生物は大きいのですねー。

             

             

            2018.10.19 Friday

            *in高知*

            0

                   高知に着いて4日目になります。

                  14日の夕方に車で出発して15日の朝に着いたのですが、

                  17日には主人の仕事場に一緒に行き、色々とお話を伺い

                  私もそこで11月から働くことになりました。

               

                  自宅から車で50分行った温泉や宿泊施設のある道の駅です。

                  此処より更に綺麗な景色に囲まれた場所で、慣れるまで仕事は大変かもしれませんが

                  働くのが楽しみです。

               

                  今住んでいる家は築100年位の古民家のため不具合も多く、

                  その都度、修繕を頼んだりしているので片付けも中々進まずにいますが、

                  外の景色を見たり睡蓮と白雪といると、呑気にいこうかなと思えたりします。

               

                  睡蓮と白雪は東京ー高知間の移動を何とか耐えてくれ、

                  今は家の探検に勤しんでいます。

                  初めは落ち着かない様子でしたが、気に入ってくれたようです。

               

                  残念ながら写真のアップがパソコンの調子が悪いようで出来ませんが、

                  また近況をお伝えしたいと思います。

               

                  インスタグラムやツイッター、フェイスブックには写真や日常をアップしているので

                  よかったらご覧頂ければと思います。

               

               

               

              2018.04.03 Tuesday

              *高知*

              0

                  3月の長期休業中に移住予定の高知県に行ってきました。

                  主人が運転する車での旅。

                 

                  毎回必ず車酔いをする私は、お客様のアドバイスを受けカーナビを見るのを避けて、

                  背中にクッションをはさみ身体を出来るだけ動かすようにした甲斐もあり、

                  始めて酔わずに目的地に到着する事が出来ました。

                 

                  ただ、この日は雪により高速道路は一部チェーンタイヤ規制がかかっていたので、

                  御殿場を越えるまでは下道を通り、とりあえず大阪府堺市を目指して進み続けました。

                  (ひたすら運転を頑張った主人に感謝です。)

                 

                  堺市で一泊したのは、お客様の勧めにより

                  こちらにある方違神社神社で転居に備えてのご祈祷をして頂くためです。

                  これで安心して引っ越しが出来そうです。

                 

                 

                   近くに仁徳天皇陵があると知り、そちらも参拝させて頂きました。

                 

                 

                 

                   温かなやさしい空気が流れていました。

                 

                   高知県に着いたのはその日の夕方でしたが、

                   親戚に食事に招待してもらったので自宅に着いたのは20時を過ぎていました。

                   二人ともあまりの疲労でそのまま寝袋で眠る事にしたのですが。。。。

                 

                   さ、寒すぎる!!雪雪雪

                   寝袋に毛布を一枚掛け、電気ストーブをつけたまま眠る事にしましたが、

                   ものすごく寒くて驚きました。

                   あとあと聞いてみると、今年は特別寒かったようです。

                   それと、古民家といえる家なので実際住むなら、サッシをいれたり改築の必要があるようです。

                   そんな話しを聞くとDIY好きな私としてはとても楽しみでたまりません。

                 

                   高知県は桜の開花宣言が今年は1番のりでしたので、至る所桜との出会いがありました。

                 

                 

                   我が家の庭にはカラスノエンドウやフキが自生していたので、そちらも美味しく頂きました。

                 

                 

                 

                    お庭は引っ越して来てから少しづつ手入れするのが楽しみなのですが、

                    とりあえず綿の種と道の駅で買った菊芋がおいしかったので、植えて帰る事にしました。

                    植えたまま10月まで放置なので、育っていたらラッキーという程度な気持ちです。

                 

                    石がゴロゴロと出てきます。

                 

                 

                    砂土と粘土、そんなに離れていない場所でも土質がバラバラです。

                    これはやりがいがありそうです。

                    今回は軽く掘っただけですが、次回本格的に取り組む際の良い課題となりました。

                 

                 

                 

                 

                    高知のお赤飯には黒ごまではなく、白ごまがたっぷりふりかけてあります。

                    とても美味しかったです。

                 

                 

                 

                 

                    高知市内からの夕日。

                 

                 

                   高知のニャンコ先生

                 

                 

                   高知最終日、つばめがやってきました。

                   これから巣作りのために大忙しです。

                 

                 

                   帰りの車窓から

                 

                 

                   帰りは車内で3時間程の仮眠を2回とり17時間程かかって蒲田に到着しました。

                   久しぶりの睡蓮と白雪に会うのを励みにハート

                 

                   運転を頑張ってくれた主人とアドバイスを下さったお客様や、

                   お世話になった親戚一同に感謝の気持ちでいっぱいの旅となりました。

                   

                    

                 

                   

                   

                 

                  

                2017.06.23 Friday

                *高知*

                0

                      6月の初めに高知の実家に行った際の写真をいくつかアップしようと思います。

                   

                      

                   

                   

                         家の前に流れる仁淀川。

                         仁淀川ブルーと呼ばれています。

                   

                   

                   


                   

                   

                   

                   

                         牧野富太郎植物園はとても広くて見応えがあります。

                         

                   

                   

                         法事で行ったので観光はほどほどでしたが、

                         時間の流れがゆったりとしていてとても心地良く過ごせました。

                  2017.02.20 Monday

                  *自然農*

                  0

                         昨年の春からお世話になっていた畑が神奈川にあります。

                        そちらで自然農を教えて下さっていた方が昨年暮れに亡くなりました。

                        それでも畑自体は継続する方向で話しは進んでいたのですが。。。

                     

                        諸事情から継続が不可能になり畑を有機栽培の方に明け渡す事になりました。

                        化学肥料を沢山使った農法でないだけよかったのかもしれませんが、

                        土がふかふかで温かいこの状態に肥料は必用にないように思えます。

                     

                        仕事としてやっている方達からすると、一定量の生産性を求められているのだから

                        仕方のないことかもしれません。

                        私自身も日頃から完全無農薬の食事を提供してるわけでもなく、

                        自身の食生活もそうではないので何も言えないと承知しながらも、

                        この場所をみると悲しい気持ちになります。

                        きっとこの悲しみは誰か個人に向いているのではなく、

                        自身も含め人間が土から離れてしまっている事への悲しさです。

                     

                         この場所とはお別れです。

                             草と共に育つネギ。

                     

                     

                              肥えた土に育つイヌフグリ(オオイヌノフグリ)

                     

                     

                          でも、これで終わったわけではありません。

                          ここから1,5kmほど離れた場所を提供して頂けるそうなので、そちらで新たに土や草に触れ

                          元気を分けてもらおうと思います。

                     

                          また、千葉のほうでも頂いた種を引き継ぎ、次のステップへ向かいたいと思います。

                          悲しいお別れもありますが、未来は続いています。

                     

                          自然農を教えて下さったKさんのご冥福をお祈りし、

                          残して下さったものを大切に繋げていきます。 ありがとうございます。

                     

                     

                     

                        

                        

                    2016.03.31 Thursday

                    *綿つむぎ*

                    0
                          昨日は綿つむぎの体験をしに大泉学園へ行ってきましたクローバー

                         半年程前に一度体験したのですが、その時に頂いて帰った綿の種はこれから撒く予定で、
                         収穫までまてない。。。
                         ということで東京で体験出来る場所を見つけましたー
                      き

                         はじめて綿を紡いだ時、自分で育てた種が育つのを待ち、それを糸にして布にして服にする。
                         そう決めました。消費社会から少しでも自分自身が変わろうと。

                         でもつむぐ体験のわくわくウキウキ感に誘われ行ってしまいました。。。

                         参加して大正解
                      星星
                         


                         だってとってもかわいい星
                       


                         ふわふわ〜羽

                         
                          これが植物なのが不思議 ー
                       
                         
                          先生の教え方がすごーくわかりやすい星


                          先生曰く、とにかく辞めなければ出来るようになる。
                          そう、まずは出来るようになること。服を作る前に布巾やコースターといった消耗品や小物から
                          作れば良いし、服をつくるレベルにもなっていないのにちょっと理想が前に出過ぎていました
                      Dosomo_kao9汗
                         
                          やっぱり私、頭じゃなく、行動で感じるタイプのようです。

                          この日つくった糸の量はほんのわずかですが、
                          
                      キラキラ 指輪位ならつくれる キラキラ  
                          先生の言葉が印象深かったです。
                       
                          自分で紡いだ糸というのは本当に愛おしくて生命を感じるものです。

                          ベテランの生徒さんと先生の何気ないお話や情報交換が心を豊かにする内容ばかりで、
                          楽しすぎて、落ち着きをなくしてしまいそうなほど素敵な時間でした
                      星
                          (大人なのでなるべく落ち着いた感じを装いました汗

                          この楽しい体験をお家で継続出来る幸せ
                      :) ありがとうございます星
                          よくわからないけど、みんなに感謝したくなります。

                          

                          
                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>
                      div align="center">
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM